雨が、降って、降って、降って

 意味のないものに意味を与えようとするのが得意だ。言葉も、日付も、数字も、何度となく思い出される枯れかけの紫陽花も、すべて無意味なのに、わたしたちは意味がないことに退屈して、身勝手に不安になる。ああもう行かなくちゃ。