19歳にて

渋谷・・・京王井の頭線の改札前の、ガラス張りの大きな窓から、スクランブル交差点を見下すのが好き。どれだけの数の人がいたって、会いたい人が不在の渋谷は無人も同然。いつも無人の波を見ている。

 

新宿・・・クズの摩擦で光る街。

 

六本木・・・ミニチュアダックスフントに話しかけられ、軽く見下される。そのあとこちらからお散歩中のトイプードルに話しかけ、人生相談をした。「負け犬はそっち」と言われる。

 

表参道・・・顔を上げて歩くことすら許されない。生き地獄。

 

下北沢・・・トイプードル率が高い。居心地が良いようで、実はそうではない。全てを見透かされているような気持ちになり、結局すぐに帰る。

 

高田馬場・・・ゲロ。

 

高円寺・・・この世で一番美味しい紅茶を飲むことができる街。冨永愛に会えるかもしれない希望を含んでいる街。なみじゃない、杉並。

 

浅草・・・銀座線の果て。ここへ来るとビールを飲みたくなるけど、下戸。隅田川沿いを走るランドセルを見ると、涙が出る。東京で生まれた人は、どんな気持ちで大人になっていくんだろう。花火が綺麗だったから、結局、死ねとは叫んでない。