c

 大して飲めないくせに、酒を飲んだ。アルコール3%の梅酒カクテルとかいう350ml缶のやつ1本だし、別に酔ってはないけど、明日のバイトはたぶん集中できないだろうな。

 

 水の音がしーしー鳴って、独り言を言う弟の声に似ていて腹が立つ。姉から愚痴だらけのLINEがきて、まったく建設的でなく腹が立つ。祖母と二人で夕飯を食べるが、人間として受け入れ難い部分が多いため向かい合っているだけで腹が立つ。両親はお決まりのパチンコへ出かけ、呆れて腹も立たず。しかし、今日は負けて早々に帰宅、それに腹を立てて怒鳴る弟に再び腹が立つ。おいおい、どうなってるんだよ。

 

 壁に貼ってあるお気に入りのポストカードや写真を眺める。わたしは何かひとつでも残せるものがあるのだろうか。明日の朝ポストに投函する封筒を思う。

 

 音楽を聴く。吉田拓郎が「幸福だとは言わないが不幸ぶるのはがらじゃない」と歌っている。これくらいの生き方がちょうどいい。フォークソングは以前から好きだ。

 

 唐突にああ、あの人、あの子ともセックスしてるんだよなとか思う。正直、セックスの良さはいまいちよくわからない。マグロと言われたが、それは失礼ではないか?まあ、別にどうでもいいのだけど。

 

 会いたい人には約束しないと会えない。なんかもう、やになっちゃうね。

 

 閉店。