読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばばば

 『人生は楽しんだもん勝ち』という人がいるから、わたしはわたしの知らないところで敗者になっていたらしい。

 争うことが面倒だから、できるだけ避けてきた。点滅する青信号も、わたしにとってはある種の戦いだから、立ち止まり、黙って赤に点灯するのを待つ。見渡せば、わたしが妥協すれば済むことばかりで世界はできている。 仕方がないと目をつむることにも慣れてしまった。

 わたしは、大学受験を知らない。わたしは、就活を知らない。血はぬるい。それと同じ温度の人生を送っている。もっと真面目に生きたら、わたしの身体中を駆ける血は熱くなるのか。

 あー。あー!あーーーーーー!!!!!!

 多彩?そんな贅沢は言わない。何かひとつでいいから、お前には何かひとつやり切らねばならないことがあると、いつまで足踏みしてんだと、点滅してるうちは青だと、走れと、言い訳なんかするな、戦えと、すっげー遠いところから聞こえる。