読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

課金ゲーを生きる人の不毛な持論

 スマホゲームなどにより、『課金』が一般的になった時代で、常にそのシステムについて賛否両論が繰り広げられているけれど、不毛な論争だなと思いつつそれを眺めている。

 

 わたしは以前、給付型奨学金に反対した金持ちの議員に腹を立てて、『教育は課金ゲーではない』というタイトルで、このブログにとある記事を書こうとしたことがある。けど、やめた。

 要約すると『金があれば塾にだって通えるし、それで大学に進学できるし、結局金じゃん!裕福な家のガキずるい!』みたいな内容だった。公開しなくて正解である。ただの妬みでしかないのだから。(日頃からただの妬みを公開しまくっているブログではあるけれど)

 実際に、親の収入と子の学力の関係には一定の法則があって、言うまでもなく裕福な家庭の子供のほうが学力が高い。文部科学省のホームページにはいろいろな統計が載っているので、興味がある人は見てみてください。

 「うるせえ!貧乏でも勉強するやつはするし、金持ちでも勉強しないやつはしないだろ!」

 まっとうな意見である。だから公開するのをやめた。それで、この話は終わった。

 

 でも、『その人次第』という言葉は大正解なのだけれど、使いすぎるとどうなっちゃうんだろうね。これも、その人次第か?

 

 わたしはスマホゲームをしないので、課金もしない。

 だけど、CDを買ったり、本を買ったりはする。服も買う。美術館とかに行く。美味しいものを食べる。映画は月額料金を払ってアプリで観ているので、課金しているな、という感覚がある。

 最低限の生活には、これらは必要がない。別にお店のご飯じゃなくたって、140円くらいのカップラーメンでもやっていけるし、服だって機能を果たしていれば見た目なんてどうだっていいのである。

 だけど、わたしたちはそれを選ばずに、各々の生活に、人生に、課金し続けている。なぜならば、人はより良いほうを望むから。より良い人生には、これらが必要だと判断しているから。そこには個人の意思があり、正しいお金の回り方も同時に起こっていると思う。

 

 「この歌めっちゃ好き〜、世界でいちばん好き〜、好き好き〜♡」

 たとえば、そう言う人がいたとする。愛だ。素晴らしい。だけど、もしもその人がどこかの国のインチキアプリを使って違法ダウンロードしているのだとしたら、正直に言うとお前のイヤホン引きちぎりたい。罪悪感を感じていないのならば、二度と聞けないようにしてやりたい。

 YouTubeなどで公式が音源とかをアップしたりしている。それを観る。聴く。そして、もう我慢ができなくなって、手に入れたくなって、気づいたらポチってたりお店に向かったりとかしないのかな。「フルサイズで載せろ!」って、怒る人もいるくらいだしなあ。

 Apple Musicは月額980円で音楽が聴き放題という恐ろしいほどに最高のコスパで、わたしも今月から使っている。新しい音楽との出会いを求めて使っているような気になっているけど、実際はわたしもそこで満足している、というのが正しいと思う。いつか買います!みたいなのじゃ、きっとずっと買わないだろうなあ。

 映画に関しては、過去のものはリバイバル上映しない限り、DVDとかアプリとかでしか観ることができない。もちろん、過去作を振り返ることができる点がそれらのメリットではある。だけど、わたしは今観たいものを探して、できるだけ劇場で観るように心がけている。これも今月から始めたばかりだけど。たしかにレンタルよりもお金はかかる。でも、わたしは意識を変えるためにこれが良策なのではないかと考えた。DVDが映画鑑賞にもっとも適している方法ならば、映画館はとっくの昔に全滅しているはずだ。

 

 課金することを正義と言いたいのではないけれど、せめて好きと思ったものにはお金を払えばいいのに、いったい他にいつどこでお金を使うんだろう?と疑問に思う。「金の使い方なんて人の勝手だろ!」これもまた正論。(本当はわたしは正論って認めたくないんだけど)

 その人次第。人それぞれ。たしかに。

 でも、ゲームじゃなくて、人生ばかりは、どこまでも無料で楽しむってわけにも、いかないと、思ってしまうんだよなあ。どんな人にもお金を払うべきシーンがあり、はたして自分はそれを理解できているかどうか。

 

 なんだか軽い言葉ではあるけれど、人は自分の感性を豊かにするために、日頃からより良い人生のために課金しているということだ。このままいくと自分、めちゃくちゃ強いやつになるのではないかと淡い期待を寄せてしまう。実際はそんなことないと思うけれど、わたしは今のところ自分の選択に自信がある。

 

 わたしは課金体質だ。気がつくと賛成派の椅子に座っている。