死にたいと漏らす声があるうちに

 坂口安吾の『不良少年とキリスト』より、わたしの好きな一節を引用する。

 

 生きてみせ、やりぬいてみせ、戦いぬいてみせなければならぬ。いつでも、死ねる。そんな、つまらんことをやるな。いつでも出来ることなんか、やるもんじゃないよ。

 

 そして彼は、人はよりよく生きるほかない、とも言う。本当にそうだ。その通りだ。

 

 これまでわたしは絶望に寄り添ってくれる陰湿な言葉ばかりを探してきた。同情も慰めも、絶望から抜け出すための光に見えたが、今は違う。

  わたしたちは、生まれた以上は生きる以外に選択肢はなく、生きる以上はよりよく生きる以外に選択肢はない。

 

 

 死にたいと漏らす声があるうちに、今は亡き人らの声を聞け。