041の散歩

 みんな、他人の日記に興味が無い。正常でよろしい。他人に干渉するべきでないし、こうして胸の内を公に明かすほうも馬鹿。倫理と馬鹿が天秤で釣り合うのは面白いね。わたしはここに、全てを記してはいないけれど、このブログの過去を漁って読めばだいたいわたしがどんな人間か想像できるくらいに、このブログはわたしになってしまった。でもこのブログはわたしから見たらわたしではないこと、それはおわかりいただけますよね?

 わたしとあなたの関係は他人です。『私以外私じゃないの』という有名な曲にもあるように、わたし以外は全て他人です。たとえ血縁関係にあろうと、わたしはわたし以外を他人と思います。家族は家族という名の、友達は友達という名の他人です。もちろんですが、わたしの精神がわたしの肉体から剥がれているのであれば、それも他人です。だから、このブログがわたしの精神と一致していても、このブログの肉体を所有しているのはわたしですから、このブログはわたしではない。スマートフォンやPC等の端末は肉体と呼ぶには機械的ですし、いくらでも複製可能です。複製でき、そして流通するものを肉体と呼ぶには少々抵抗があります。

 人間を名乗る以上は、道徳、倫理に則って生きていかねばならぬのだが、どうしてこんなにも、人を騙すということはやめられないのだろうか。酒やタバコと同じくらい、やめられない。人は本来信じやすい生き物です。疑いは学習の証です。あなたも人間ですが、きちんと人間やってますか?賢く生きることのみに囚われると、徐々に人間から遠ざかっていくというのが、わかるかと。

 これは感情の解剖です。血は出ませんから、あんまりグロテスクではないが、道行く人を引き止めて、開いた傷口を見せ、感想を強要しているみたいなブログです。素通りするのが当たり前でしょう。でもごくたまに、世間は物好きと呼ぶような人もいらっしゃいます。そのような人に出会うとわたしは喜びます。

 他人とわたしが解り合うには、この感情の解剖というプロセスが必須です。どちらかが自らにメスを入れる、または心を開かせるといい相手の感情にメスを入れる、といったふうな。こういうのが嫌いな人とは、どうしたって皮膚レベルの、たとえばマイクロチップが簡単に侵入できる程度の浅いところでの付き合いになるでしょう。

 人間を名乗って生きています。死にたくないと思います。死にたいと言う他人の寿命をいただけるのなら、喉から手が出るほどに…そして感謝をこめて喉から出た手で握手したいとさえ思います。

 このブログを読んでくださる人は物好きというやつで、しかしそれはわたしにとって干渉ではなく、お医者さんごっこに付き合ってくれる『友達』と思っています。『他人』というカテゴリではなく、『わたし』という個人に興味を抱いてくれる『友達』は、ようやくわたしの精神と肉体をぴったりくっつけてくださるのです。

 

 ただいま。

 

聖書的メモよ

 罪悪感より背徳感。人間はどこまでも浅ましく、悪に対しても快感を求める。人間の匂い。ああ、愛おしい。煙草の匂いすら自分のものと獲得してしまった君は無敵。いつも清潔な心でありなさい。他人を騙してはいけない。自分を騙して生きなさい。

『普通』はひとつしか存在してはいけないと誰が言った

 青い風が吹いた。それは、たとえば母や恋人の手よりも優しく、わたしの髪をかきあげた。

 

 歳をとることがたまらなく恐ろしくなり、それが歳をとるということなのだと実感する。しかしわたしはまだ若い。死ぬことより、老いることのほうが怖い。老体を引きずっていつまでも生きていたいとは思わない。見えぬものに恐怖することは無意味であると知っているけれど、これはいつか必ずやってくることなのだから無意味ではないのかもしれない。

 

 人を騙すことに慣れてしまうことが、もっとも愚かだ。わたしはあの顔をきっといつまでも忘れない。

 

 

溶けていく螺旋階段かけ上がるみたいなソフトクリームと舌

0829 m

人知ですら到達できぬ地点に立っている。硝子の羽で飛ぶ蝶を握り潰した、手のひらに血が滲んだ、痛みは必然。ああ、いつの日も宿命は紫の色をしている。石にも命があるという。たった今より、止まってはいけない。電柱。生きること、それは悲しい。こと。蜘蛛の糸、蜘蛛の足、地を這うこと、それは喜び。適当な言葉の羅列に無理やりに意味を見出して無意味は空虚だと意味付けることの無意味さよ。人生という浅はかな括りよ。嘘は真実だ。嘘こそが本当の君よ。幸せとは虚構よ。

メモ

紡ぎ 答え 無い 坂道 紫陽花 七月 終わり 線路 風 学生 回り道 匂い 生活 怒り 嘲笑 待ち合わせ 切符 ベンチ 再会 鳩 椅子 週刊誌 パン 孤独 空 文字 屋根 ベランダ 枕 扉 冷蔵庫 商店街 コンビニ ファストフード 大晦日 抱擁 指 カメラ 明後日 来る 来ない 本 駅前 他人 他人 他人 他人 他人 他人 二階 珈琲 明かり ビニール傘 裾 トイレ 将棋 

トリップ

 

冊子を作りたい。

 

コンセプト(建前)は『アイデンティティの確立と東京』で、『東京に媚び売りたい』が本音です。田舎で生まれたわたしたちだけで作りたい。

 

わたしにもっと力があったら、一緒に仕事をしたい人が、何人かいる。文章と写真とモデルはわたしの中で「この人だ!」ってそれぞれイメージがある。

 

東京って、超すごいんだよ。田舎に生まれてよかった。海外なんて行ったことないけど、たぶん東京が一番かっこいいんだろうな。ちゃんと人間の匂いがするし。とにかくかっこいい。超大好き。

 

・かつて田舎に暮らし、田舎を捨てた者

・田舎を捨てたことがない者

・かつて田舎に暮らし、田舎を捨て、再び田舎に暮らす者

 

…の三種類の人間しかこの世には存在しないわけだけれど、二番目の人間はもったいないと思う。一度離れてみたら、もっと田舎を好きになるかもしれないし、もしかしたら田舎を捨てるかもしれない。とかいろいろ考える。

 

追記。田舎というのは生まれた場所のことを言ってるつもりです。東京に生まれた人は東京が田舎になっちゃいますね。東京に生まれた人のこと忘れてた すみません。

 

わたしは高校三年生のとき、寺山修司の『家出のすすめ』という本を読んだ。タイトル通り家出しろっつーことなんだけど、それも後押しして高校卒業後に家を出た。(東京ではなく横浜に行きました。理由はかわいいので言えない)訳あって実家に戻ってくることになったけど、いつも東京のことを考えてるよ。いつも東京に憧れている。田舎者らしく、素直に東京が大好きなんです。

 

ふるさとの 訛りなくせし友といて モカ珈琲はかくまで苦し

 

という寺山の短歌がある。わたしはこの歌が大好きです。

都会で久しぶりに会った同郷の友達が標準語で話してきたら、マジで冷める。「お前、染まっちまったか〜!(笑)ダセ〜!」みたいな。

かといって、田舎に生まれたことをやけに強調してくるやつも嫌だけど。

この辺は難しいんですが、『どこにいってもそいつ』という人と飲むモカ珈琲が美味いってことですね。という勝手な解釈のもとで好きな短歌。

あ、この短歌をイメージして、美味しい珈琲と美味しい人間の写真を撮りたい。あったかいっすな。

 

あと、わたしは渋谷が大好きです。東京=渋谷くらいの勢いで渋谷が好きです。あの交差点めっちゃカッケー。誰かとすれ違ってるあの中にいるとき、世間とのズレを感じない。渋谷の一部として正しく機能してるという気持ちで歩く。

 

東京は器がデカいようだけど、ただの箱だ。来るもの拒まず去る者追わずってだけの、箱です。でも、凡人らに何かが叶うような錯覚を見せる。もうあんなのただの幻覚で、徐々に目が覚めていくんだろうけど、どうせなら覚めるまで幻見てたっていいっしょ。

 

みんなが目を覚ます前にー!

戯曲への入口

使命

運命

革命

飛ぶ羊を殺そう。そうすれば夜は長い。

海を引き裂こう。我々はまだまだ若い。